Entries

出資馬 今週の結果

36時間ぶりに自宅に帰り着きました。
競馬場でお会いした皆様、お世話になりました。

しかし、今週も勝利は遠かったです

フィンデルムンド
 12/19(土) 中京 03R 3歳以上500万下 ダート1200m ▲伴啓太騎手 6着

馬体重は-2kgの492kg

パドックの様子は映像で映った分からは先週と変わらずと言った感じで、特に調子落ちとかはなかったように思いました。

レースでは、良いスタートを切りましたが、直ぐには行き脚が付かず中段から。
何時ものように、他の馬より遅れてスピードに乗ったところを鞍上が引っ張ってしまい、今回はここで勝ちは消えました。
引っ掛かり気味に前との差を詰め、直線もそれなりに伸びて来ましたが、先に抜けてしまった馬達には及ばず6着まで。
すんなり前目に付けていればもっと際どかったはずです。

レッドゲルニカ
 12/19(土) 中山 06R 2歳新馬 ダート1800m 柴田善臣騎手 3着

馬体中は552kg

パドックでは落ち着いていると言うよりは、なにも判らず引かれていると言った感じ。
馬体は明らかに太かったですね。
レッドゲルニカ

レッドゲルニカ

レースでは、良いスタートから大型馬らしからぬ軽い脚捌きで一気に加速、先行して行きました。
外枠だったため内の馬を行かせて2番手で流れにのりました。

終始楽な手応えだったので期待しましたが、直線を向くと勝馬に一気に交わされ、ゴール前でいっぱいになったところを差して来た馬に交わされ3着でのゴールした。
レッドゲルニカ

今回は、太かった分、伸びを欠いた感じですね。
一叩きした上積みが大きそうなので、次は決めて欲しいです。

19日はこのレースで終了、翌日のために頃合いを見て大阪へ移動しました。

ホテルでは、新兵器のMAC BOOKでグリーンチャンネルを観つつ、早々に幕の点検を済ませ、翌日に備えて早めに就寝。
応援幕

20日朝は7:10くらいに阪神競馬場に到着、1時間50分待って幕も無事に張り終えたわけですが、ここからが大変でした。
頼まれていた朝日杯出走馬のストラップを買いに行ったところ、我先に殺到する理性のない集団に阻まれ近づけない状態(苦笑)
一瞬、ここは中国か?と思いましたよ。
少しして、店のスタッフが並ばせるまで無法地帯の様相でした。
無事購入しましたが、ここが一番疲れました。
阪神競馬場様、何故に貴場はここでしかグッズ売らないのですか?
せめて2箇所にするとかすればもっとスムーズに売れますよ。
東京・中山は馬主席でも売ってますよ。
是非改善してください。

長くなりました。
本題に戻ります。

レイヨンヴェール
 12/20(日) 中京 02R 3歳以上500万下 ダート1900m 丸山元気騎手 14着

馬体重は+10kgの498kg

パドックでは太いとは思わなかったものの、小脚を使うなど煩い面を覗かせていたのが気になりました。

レースでは、スタートでよれてしまいましたが、そこから押して押して先行して行きました。
ただ、外目の枠だったためハナは叩けず2番手から。
無理して行ったにも係わらずハナを取り切れなかったこの時点で、今日は勝負ありました。

4コーナー辺りから手応えが怪しくなると、直線では残り200m辺りで一杯になってしまい後退。
結局14着でした。
大分カリカリしてきてしまいましたから、リフレッシュして欲しいです。

アップクォーク
 12/20(日) 中山 04R 2歳未勝利 芝1800m 柴山雄一騎手 2着

馬体重は-8kgの486kg

一叩きして馬がぐんと良くなっていました。
馬体の張り・艶ともに抜群で歩様もスムーズでした。

が、しかしレースでは痛恨の出遅れ!
後方2番手からの追走となってしまいました。

3コーナーから少しづつ前との差を詰めて行ったものの、4コーナーを回る時点でも12番手くらいで、先頭とは決定的と言っていいほどの差がついていました。
正直、惨敗と思いましたが、直線に入ると一気に伸びて来て2番手でゴール。
良いパフォーマンスでした。
出遅れがなければ勝ち負けだったと思います。
残念でしたが、力があることは再確認できました。
次はなんとかして欲しいです。

ルートヴィヒコード
 12/20(日) 中京 04R 障害3歳以上未勝利 芝3000m 小坂忠士騎手 9着

馬体重は-4kgの460kg

パドックは落ち着いていると言うより、覇気がない感じに見えました。
この辺、休養明けというのも影響していたかと思います。
まあ障害ですから、カリカリしているよりは良かったのではないでしょうか。

レースでは、ゲートは出たもののダッシュが付かない感じで中段インコースから。
飛越は飛んでいるというよりも跨いでいるという感じでしたが、無難にこなしていました。

障害戦にしては馬群がバラけず淡々と進み、2週目の向正面ではインからするすると7番手まで上がって来る場面もありましたが、直線ではジリジリとしか伸びず9着でした。

初障害でしたから、今日は無事回って来てくれただけで十分です。

サザナミ
 12/20(日) 中山 10R クリスマスC(3歳以上1600万下) 芝1200m 戸崎圭太騎手 5着

ここから、またパドックとスタンド内のモニターを往復(笑)

馬体重は±0kgの402kg

とりあえず減っていなくて良かったです。
パドックでは、落ち着いていたし、歩様に力強さがあり良い仕上がりでした。

レースでは、五分のスタートから外々を回るのを嫌って控えて後方11番手くらいから。
馬群の中で脚を溜め、4コーナーで外へ持ち出そうとしましたが、行き場がなく密集した馬群に突っ込んで行きました。
小さい馬なので馬群で揉まれて辛い展開でしたが、他馬を押しのけるように伸びて5着に上がったところがゴールでした。
不利なレース展開での5着は本当に立派でした。
このクラスも時期に勝てそうです。

クラージュドール
 12/20(日) 阪神 10R ベテルギウスS(3歳以上オープン) ダート2000m 川田将雅騎手 11着

馬体重は+6kgの502kg

パドックでは、太め感もなく、キビキビと周回しており状態は良かったと思います。
クラージュドール

クラージュドール

返し馬も素軽いフットワークで良い雰囲気でした。
クラージュドール

レースでは、揃ったスタートから前目に付けられそうな流れでしたが、直線半ばくらいから、じわっとポジションを下げて8番手から。
微妙な感じなのですが、勿体無かったですね。

向こう正面から仕掛けてポジションを上げて行こうとしましたが、なかなか動けずじわじわと差を詰めて行く感じ。
それでも4コーナーでは馬群の直後6番手くらいまで上がって来ましたが、直線での伸びはなく逆に後退。
更に左右から挟まれて大きく躓く不利もあり、最後は流すようにゴール。
最下位の11着でした。
クラージュドール

敗因は器用さが無いことなのでしょうが、長距離向きと言うことは判っているわけで、適鞍のないダートに拘らず芝の長距離を試して欲しいですね。

躓き方が派手だったので血の気が引きました。
無事に帰って行ったので、一応安心しました。
なんともないと良いのですが...


最後に、朝日杯FSの出走馬を撮って来たので少しだけ貼っておきます。

◆ボールライトニング
ボールライトニング

ボールライトニング

◆リオンディーズ
リオンディーズ

では、今日はこの辺で。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://umegaokalaboratory.blog12.fc2.com/tb.php/999-5f2103c9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

[PR]

プロフィール

Chris

Author:Chris
FC2ブログへようこそ!

Weather

アルバム

[PR2]

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

excite翻訳

Access

Pond

World clock

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

Access L

END