Entries

2014/04北海道牧場見学(その弐)

北海道二日目は、追分Fリリーバレー ⇒ 社台Fの行程。
白老Fが見学禁止だったため、かなり、凄く、とても余裕のスケジュールとなりました(笑)

と言う事で、今回もうちの馬の近況です。

◆追分Fリリーバレー

ルートヴィヒコード

馬体重は498kg

視野に入った瞬間に「これは走る!」と思いましたね。
素人の私が見てもはっきり判るくらい良くなっていました。

と言っても、夏からバリバリみたいな血統ではないし、体型から中距離以上が適距離なのも間違いないので、じっくり調整して始動は秋以降のようです。

昨年の秋に見た時にも思いましたが、うちのこの世代では、この馬が間違いなく一番馬だと思います。
なんとしても無事に行って欲しいと思います。
ルートヴィヒコード

ルートヴィヒコード

◆社台F

見学の申し込みをしてからサザナミ(クーデンビーチの12)が山元に移動になったので、見学馬は4頭と思っていたら、なんと地方オーナーズのベルモットの12(いまだに名無し)が門別競馬場の林和弘厩舎に入厩になったとのことで見学出来ませんでした。
まあ、競走馬として一歩前進した訳ですから良い意味でサプライズでした。
地方オーナーズも数年やってますが、門別に入ったのはこの馬がはじめてです。
レベルが高いので少し心配ですが、勝って中央のレースに出てくれないかと密かに期待しております。

と言うわけで、見学は3頭。

シュテルングランツ

馬体重は487kg

右前蹄骨の骨折で牧場に戻っていました。
経過の方は順調に来ているとのことで、現在は人を乗せてのマシン運動をこなしているとのこと。
近々、コースで調教を再開する予定とのことでした。

未勝利馬なので、時間との戦いもありますが、ここで焦っても仕方ありません。
きっちり立て直して、戻って来てくれればと思います。
シュテルングランツ

シュテルングランツ

エバーハーモニー

馬体重は470kg

元出資馬、リトルアマポーラの初仔です。
そういう意味で、思い入れは一番ですね。
調教過程は至って順調とのことで安堵しました。

見た目や、性格など随所に子供っぽさを残しており、本当に良くなってくるのは少し先のように思いました。
そこは長浜先生ですから、まあ上手くやってくれることでしょう。
早く競馬場で会いたいものです。
エバーハーモニー

エバーハーモニー

ライブリーダンスの12

毎年、地方オーナーズは馬名が付くのが遅いのですが、前述のベルモット同様この馬も未だ名無しです。

馬体重は461kg
ファルブラヴ産駒らしく、がっちりしてきましたが、競走馬として仕上がってくるにはもう少し時間が掛かりそうです。
そんな訳で、こちらは門別ではなく、直接南関に入りそうです。
知り合いの先生のところに入れて欲しいとお願いしておきました。
ライブラリーダンスの12

ライブラリーダンスの12

これで、今回の牧場見学は終了。
飛行機は白老Fを含む元のスケジュールに合わせて取っていたので、フライトまでは時間がたっぷりありましたが、温泉に浸かってまったりしていたら、いい感じで時間は過ぎて行きました。

最後になってしまいましたが、お世話になった牧場の皆様、そして、kokuoさん、さささんに感謝です。
ありがとうございました。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://umegaokalaboratory.blog12.fc2.com/tb.php/788-1368f59d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

[PR]

プロフィール

Chris

Author:Chris
FC2ブログへようこそ!

Weather

アルバム

[PR2]

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

excite翻訳

Access

Pond

World clock

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

Access L

END