Entries

北海道牧場見学(早来F編)

出張続きの合間を縫って北海道に行って来ました。

今年出資した馬をじっくり見ておきたかったのと、社台Fに現役馬が4頭も帰っていたので、ここしか無いって感じでしたね。
良いタイミングでした。

今回も各牧場の皆さまに大変お世話になりました。
お陰様で、非常に有意義な時間を過ごすことが出来ました。
心より御礼申し上げます。

と、言うことで最初は早来Fです。
今年、社台(オーナーズ含む)/GⅠで出資した馬の全てが、ここに繋養されています。


リトルハーモニーの12 父:ディープインパクト

この時の馬体重は456kg
昼夜放牧から集牧されたところで疲れていたのか、眠そうにしていました。

当歳から何度も見ていて、ツアーの前後から幅が出て力強さが増しましたね。
リトルハーモニーの12

当歳の頃から馬体のバランスが良かったですが、成長しつつ益々良くなっている感じです。
ゆったりして窮屈なところが無いので、距離の融通も効きそうです。
その分、時間が掛かると思いますが、これだけの馬ですから、焦らず一つ一つ確実に進めて行ってもらいたいです。
その辺りも考慮して、意識的にリリーバレーへの移動を遅らせているとのことでした。
リトルハーモニーの12

思い入れが強いのはアマポーラの12の方ですが、現時点の期待値はこちらですね。
無事に行って欲しいものです。


ベルモットの12 父:トワイニング

馬体重は396kg
小さいですが、5月13日生まれですから、これから成長してくれれば問題ないでしょう。

馬体からも、血統からも、如何にもスピードがありそうで、仕上がりも早そうです。
無事に行けば、来年の今ごろは既にデビューしているでしょうか。
大活躍の上の世代に続いて欲しいですね。
楽しみです。

ちなみに社台Fで育成される馬の移動は、秋のツアーが終わってからのようです。
ベルモットの12


リトルアマポーラの12 父:キングカメハメハ

馬体重は422kg

アマポーラの初仔のこの馬は私にとっては特別な存在。
なので、よほどのことがない限り出資しようと思っていました。
リトルアマポーラの12

少し前に外傷を負っていたため、厩舎内での見学となりました。

こちらも当歳の頃から見て来ましたが、カタログに載るころには贔屓目なしでも良い馬体になりましたね。
もう少し背が伸びればとも思いますが、母の瞬発力を受け継いでくれている予感がしています。
リトルアマポーラの12

育成が社台Fなのも心強いですね。
こちらも無事に行って欲しいと思います。


見学終了後も出資馬や当歳馬の話題で楽しい時間を過ごさせていただきました。
どうも、ありがとうございました。


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://umegaokalaboratory.blog12.fc2.com/tb.php/676-fd858d0f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

[PR]

プロフィール

Chris

Author:Chris
FC2ブログへようこそ!

Weather

アルバム

[PR2]

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

excite翻訳

Access

Pond

World clock

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

Access L

END