Entries

北海道牧場見学その壱(ノーザンF早来編)

行って参りました、今年二度目の北海道!
帰って来てからも忙しく、エントリーしている時間がないのですが、自分自身の備忘録の意味合いもあるので、なるべく忘れる前に書ければと思います。

と言うわけで1日目。

何時雨が降り出してもおかしくないなか、今回最初に出資馬を見せていただいたのはノーザンF早来。
こちらでは3頭の出資馬を見学させていただきました。
スタッフの皆さん、お忙しい中対応いただきありがとうございました。

ビーダーマイヤー
ビーダーマイヤー

3歳馬ですが、昨年の夏にアクシデントがあり未だデビュー出来ておりません。
なので、ずっと心配していましたが、徐々に回復し3月後半からは坂路調教も再開。
訪問直前の公式レポートでは、GW明けか、その次の週には美浦に帰厩予定とのコメントも出ていました。

この時の馬体重は444kg。
一昨年出資した時は標準よりもかなり小さな馬でしたから、馬体が増えてくれたことに関しては休養していたことが幸いしたのだと思います。
厚みも出て良い馬体になりました。

この時聞いた情報では天栄経由で木曜日に美浦に帰厩とのことでした。
今日の更新によると、本日天栄に移動しており、数日後に美浦に帰厩予定とのことですから、予定通りのようです。
帰厩してもデビューまでには更に時間が必要ですからチャンスは多くないと思いますが、万全をきして欲しいと思います。
デビュー戦はよほどのことがない限り現地に行くつもりです。


レッドベルフィーユ
レッドヴェルフィーユ

ラストクロップということで1頭は持っておきたかったタキオン産駒(牝馬)です。
体の作りが私の好みにビシッと合っており出資しました。

この時の馬体重は417kg、小さいと言うよりも薄いと言った印象でした。
この馬に関しては、もう少し時間が必要ですね。

牧場の方も、とりあえず秋までは体を作りながらじっくり基礎体力を養うとのことでした。
よろしくお願い致します。


レッドセインツ
レッドセインツ

屈腱炎を発症してしまい牧場に戻っています。
舎飼いが続いていましたが、今はマシン運動を行いながら経過を観察している状態です。
流石に体は弛んでいましたが、3月に会ったときよりも馬に活気があるように思いました。

まだまだ長く掛かるようですが、能力は確かですから是非とも復帰してもらいたいと思っています。
待っていますから、きっちり直してください。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://umegaokalaboratory.blog12.fc2.com/tb.php/447-3433dcf2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

[PR]

プロフィール

Chris

Author:Chris
FC2ブログへようこそ!

Weather

アルバム

[PR2]

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

excite翻訳

Access

Pond

World clock

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

Access L

END