Entries

北海道牧場見学 ノーザンF空港編

北海道2日目は1日かけて社台系の牧場にいる出資馬を怒涛の一気見。

先ずはノーザンF空港牧場。

ウィングオブライト(スプレッドウィングの10) 父:クロフネ
ウイングオブライト
キャロットのツアーは行ってないので、実物を見るのはこの時が初めてでした。
馬体重は458kg。
もっと小さいイメージがあったのだけど、良い感じに成長してくれました。
クロフネの産駒と言うことで、主戦場はダートのように思っていましたが、動かしてもらったところ柔らかい歩様で芝でも走れそうに思いました。

調教は公式のレポートの通り屋内坂路でハロン18秒程度を2本乗られていました。
性格は素直で扱いやすいとのこと。
まあ、競馬に行ってどうかが問題なので、評価は難しいですが、極端に煩いよりは良いですね。

ウイングオブライト

ヴァーティカルサン(ヴァレラの10) 父:マンハッタンカフェ
ヴァーティカルサン
この馬に会うのも今回が初めて。
この時の馬体重は538kg。
大型馬ですが、本格的に乗り出して締まってきたようで重苦しさは無かったです。

現状、胸前が発達しているのに比べトモが寂しいので、この辺を意識して稽古を積んで欲しいです。
その稽古の方は、屋内坂路でハロン16から17秒で乗られておりいたって順調。
普段は大人しいが走っているときは良い気合いを見せるとのこと。
使い出しは遅めになりそうですが、その辺りは想定内なので成長を見守りたいと思います。

ヴァーティカルサン

マスカレイド
マスカレイド
一昨年キャロットで出資した馬です。

昨年の夏に入厩しゲート試験は受かったのですが、そこから上手く行きませんでした。
堀先生の「レースに出しても周ってくるだけではしかたない。」との判断で山元及び天栄で稽古を重ねていましたが、秋になって歩様に異常が見られ詳しく検査したところ骨折線が見つかり北海道に戻ることになってしまいました。

この時の馬体重は453kg。
既に周回コースで軽めに乗っていて、特に問題ないので、この後は様子を見て坂路に入れる予定とのことでした。
小さな馬なので順調に稽古を積めれば仕上がりは早いと思いますが、もう一度アクシデントがあると流石に間に合いませんから、慎重に行って欲しいと思います。

マスカレイド

最後になりましたが、寒い中対応いただきました牧場スタッフの皆様、どうもありがとうございました。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://umegaokalaboratory.blog12.fc2.com/tb.php/409-7b893995

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

[PR]

プロフィール

Chris

Author:Chris
FC2ブログへようこそ!

Weather

アルバム

[PR2]

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

excite翻訳

Access

Pond

World clock

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

Access L

END