Entries

北海道牧場見学2011年08月(ノーザンF早来編)

08/05、ノーザンHPで昼食を終えて、午後の予定はノーザンF早来から。

見せていただいたのは4頭ですが、ここでは私の出資馬について書いておきます。
他の馬(ハルシュタット,スカイディグニティ)の様子はkokuoさんが、詳しくレポートされています。

レッドセインツ
公式でもレポートされていますが、08/20の出走を予定しており、最終調整中でした。
馬体重は449kg。
休養したお陰で、増えたおは、ほぼ成長分だと思います。
一回り大きくなりましたし、以前は詰まった印象があった馬体は、胴が伸びて、窮屈さがなくなりました。
それでいて調教も順調に消化出来たようで、仕上りも良かったですね。
担当の方や、案内いただいた社員の方からは、「逞しくなって弱いところがなくなった。」とのコメントがありました。

これまでは坂路を14-14程度で乗っていましたが、現在は、やり過ぎないよう調教量を押えているとのことでした。
レッドセインツ

08/10までに、函館競馬場に入厩するそうです。
札幌競馬場でないのは、厩舎サイドの馬房調整だそうです。
レッドセインツ
 
良い状態で復帰出来そうでしたから、復帰戦がいっそう楽しみになりました。

ビーダーマイヤー
今回、一番心配で、一番会いたかった馬です。

理由は、函館競馬場に入厩後にトモの歩様が乱れ、何度も検査したにも係わらず原因が判らず、急遽牧場に放牧されていたためです。
見学を申込んだ後のことでしたし、原因不明とのことでしてたから、会えないのではとも思いましたが、追加で見学をお願いしたところ見学自体は問題ないとのことで、会うことができました。

休養・経過観察中なので、厩舎内での見学でした。
現地に行くまでは、馬房に居るところだけでも見れればと思っていましたから、通路まで出していただけた時点で、最悪の状態ではないことが判り、少し安堵しました。
ビーダーマイヤー

馬体の方は、休養中なので、幾分弛くなった感じでしたが、目に見えて調子が悪いという様にも見えませんでした。
実際、牧場に帰って来てから、症状は大分改善したとのことで、歩いているところも見せていただきましたが、素人の私には「少し歩様に乱れがあるかな?」というくらいにしか見えませんでした。

ただ、この時点でも原因は明確になっていないとのことでしたから、油断は出来ないですね。
ちなみに、案内してくれた方は、「ゲート試験で疲労が溜まっているところで、(馬房で)寝ち違えたような感じではないか」と言っておられました。
なんともすっきりしませんが、ノーザンF以上の所は無いですから牧場を信じつつ、状態が改善・完治することを願うばかりです。
牧場の皆様、よろしくお願いいたします。

ビーダーマイヤー

最後になってしまいましたが、今回も親切・丁寧に対応いただきました牧場関係者の皆様に感謝いたします。
ありがとうございました。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://umegaokalaboratory.blog12.fc2.com/tb.php/304-efc885ba

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

[PR]

プロフィール

Chris

Author:Chris
FC2ブログへようこそ!

Weather

アルバム

[PR2]

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

excite翻訳

Access

Pond

World clock

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

Access L

END